思ったより簡単に作れる

パソコン

思ったより簡単に作れる

自作パソコンと聞くと「自分でパソコンを組み立てるなんて無理」、「機械の知識がものすごくないと出来なさそう」と思われる方が多いかも知れません。けれど、CPU、マザーボード、ハードディスク、メモリといった内部部品と、筐体(ケース)、キーボード、マウスがあれば、これらを組み立ててディスプレイに接続するだけでパソコンが出来上がります。簡単すぎるように聞こえるかも知れませんが、本当に簡単です。次に、自作パソコンに挑戦する前にちょっとした注意事項なんですが、「自分で組み立てるんだから安くつくだろう」と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、この点だけは注意が必要です。組み立てるためのパーツを買い揃えてパソコンを自作する方が既製品を買うより高額になります。ただし、それは最初に組み立てる時だけのことで、一度組み立てて使い始めた後は次に紹介するようなメリットの方が多くなります。自作パソコンのメリットとしては、まず修理が簡単に出来ます。既製品のパソコンは、部品が壊れた場合、買って何年か経っているとその部品が生産中止になっていて修理ができないということがあります。自作パソコンなら壊れた部品だけ、他のメーカーの部品を買って来て交換すれば直ります。また、ハードディスクの容量を増やしたり、もっと処理速度の速いCPUに取り替えたりと、必要な部品だけを買って来て任意に性能アップできるのもメリットです。何年か使う内に別のOSに乗り換えたい、と思った時も、OSをインストールし直すだけで変更できます。既製品だと、その都度、パソコンを購入し直す必要があります。必要な部品だけを買って来て自由にカスタマイズできるという点が、自作パソコン最大のメリットなのです。

Copyright© 2017 コストパフォーマンスやカスタマイズ性に優れている自作パソコン All Rights Reserved.