自作パソコンの費用

男の人

自作パソコンの費用

パソコンの値段は、最近では手頃なものも多く、中古であれば数万円、そして新品であれば10万円程度でそこそこ良い性能のものを購入することができます。しかし、ある程度パソコンに慣れてくると自分なりのこだわりが出てきて、既製品では満足できなくなったりする場合もあるでしょう。そこで便利なのが自作パソコンであり、既製品と違って自分の希望通りにカスタマイズすることができるという魅力があります。しかし、いざ自作パソコンを作ろうとする場合、気になるのはその費用でしょう。自作パソコンを作るには、さまざまなパーツをそろえる必要がありますが、それぞれのパーツは性能や品質、サイズなどによって価格に差があります。例えばPCケースは4000〜20000円程度で、マザーボードは5000〜20000円程度、そしてCPUは8000〜30000円程度が相場だと言われています。では、価格差のあるパーツをどんな基準で選んだらいいのかというと、それは使う目的に応じて選ぶとよいということになるでしょう。ネット閲覧やメールなどの軽い使い方をする場合であれば、それほど高くて性能のいいパーツを選ぶ必要はありませんが、逆に3Dゲームなど高い性能が求められる場合は、それなりに高い価格のパーツが必要になるということです。実際の費用(必要なパーツを合計した費用)に関しては、比較的軽い用途の自作パソコンの場合だと40000円程度で、高い性能が求められる場合だと10万円を超えるケースがあるといえます。

Copyright© 2017 コストパフォーマンスやカスタマイズ性に優れている自作パソコン All Rights Reserved.